中国輸入 アマゾン輸入 せどり 副業

ヤフオクで入札後にキャンセル依頼が来た時の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回はヤフオクで入札後にキャンセル依頼が来た時の対処法をお伝えしていきます。

ヤフオクで1日に何件も入札が入ってくるようになると

『間違って入札したからキャンセルをしてくれ』

と言った問い合わせが来る時があります。

本来ならこちらには全く落ち度はないので対応する必要はないのですが

後々でもめる原因にもなりますので対応しておく方が良いです。

 

ヤフオクでの入札キャンセル方法

 

入札が入った商品と言うのは出品終了時間になると

自動的に入札を入れてくれた方が落札者になります。

ただ、終了前に入札者の方から質問欄でキャンセル依頼が来る時があります。

こういう時は入札が入ったご自身の商品ページにとんでいただいて

右枠の『オークションの管理』に進んでいき『入札のとりけし』を選択します。

1111

こちらから取り消したい入札者を選択するだけです。

 

オークションの取り消しと入札の取り消しの違いとは?

 

先ほどのオークションの取り消しと入札の取り消しの違いは何なのでしょうか?

オークションの管理には2つの取り消しがあるのですが上手に使い分けていく方が良いです。

 

オークションの取り消し

 

オークションの取り消しとは単純にそのオークションを取り消すときに使います。

出品した商品が他の販路で売れてしまい在庫がなくなった時はオークションの取り消し機能を使います。

ただ、この時に注意していただきたいことが

出品した商品に入札者がいるときは取り消し手数料がかかってしまうということです。

ヤフオクの罰金制度みたいなものになりますね。

入札が入った商品を勝手に入札取り消しにして迷惑をかける行為はしてはいけないということになります。

取り消し手数料も500円以上かかるので入札が入った商品を取り消すときはよく考えなければいけませんね。

 

入札の取り消し

 

入札の取り消し機能と言うのは特定の入札者を削除したいときに使います。

先ほどのキャンセル依頼があった場合などはこちらになりますね。

出品自体は取り消すわけではないですので取り消し手数料はかかりません。

ヤフオクでは故意的にイタズラ入札をしてくる方もいます。

そういう方に入札された場合などの対処法としても使える機能ですので積極的に使っていくと良いです。

 

ヤフオクのブラックリストも積極的に使っていくようにする

 

ヤフオクをやっているといろいろな嫌がらせをしてくる方もいます。

『そういう労力を別のところで使えば良いのに・・・・』

なんて思ったりもしますがしっかりと対処していく必要があります。

そんな時に使える機能がヤフオクのブラックリスト機能になります。

ブラックリスト機能を使えば今後ヤフオクで

お付き合いしたくない方は2度と連絡や入札ができなくさせることができます。

私なんかはこの機能を使ってブラックリストにバンバン入れています。

 

ヤフオクのブラックリスト機能の使い方

 

ヤフオクのブラックリスト機能の使い方は非常に簡単です。

マイオークション⇒オプション/設定を選択

4444

ブラックリストの項目をクリック

5555

ブラックリストに入れるヤフオクIDを入れて『ブラックリストに登録』

6666

以上でヤフオクブラックリストへの登録は完了です。

 

最後に

 

ヤフオクはイタズラ入札や問題のある落札者をフィルターかけられる機能がたくさん用意されています。

時間効率の為にもこういう便利な機能はどんどん使っていくようにしてください。

理不尽なクレームを言ってくる方や訳の分からないことを言ってくる方と関わるのは

あなたの大切な時間を失うことと同じことになります。

時間を意識して大切にしていくようにしましょう!!

100ページ以上の資産構築マニュアルプレゼント中

中国輸入 アマゾン輸入 せどり 副業

副業で毎月10万円以上すぐ稼ぐ方法

↓※今すぐ無料登録して↓

↓有料級のコンテンツを手に入れる↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ